タミフルの効果と副作用

冬場に急激な高熱の発症に驚かされることがあります。
40度近くまで熱があり、二日程経過しても熱が取れず全身の倦怠感、激しい頭痛に嘔吐、下痢、筋肉痛が酷い場合はインフルエンザ感染を疑わなければいけません。
インフルエンザはひとたび肺の中に入り込むと大増殖を繰り返し、自然治癒したり勝手にウィルスが死滅するということはないのです。
一般的な風邪薬でも熱がとれることはなく、医療機関でタミフルという特効薬を処方してもらうしか方法がないのです。
タミフルはインフルエンザウィルスを死滅させるのに特化した薬です。
非常に即効性が期待でき、インフルエンザを完全に死滅させるのに大きな効果が期待できるのです。
タミフルを飲めばその日のうちに嘘のように熱が取れ、体の倦怠感から解放される人もいます。
しかし一日の服用だけではウィルスは完全に死滅しておらず、最低一週間飲み続けることが大事なのです。
インフルエンザウィルスに非常に即効性がある薬であるものの、副作用なども報告されているのです。
それはとくに児童がタミフルを飲むと、幻覚を見たり徘徊するなどの異常行動を引き起こすことがあるのです。
こうした副作用で家の二階の窓から転落し死亡事故なども発生しているのです。
そのためどうしてもタミフルを服用しなければいけない場合は、きちんと両親の監視下に置き、ケアすることが大事なのです。
特に一人暮らしの学生や高齢者の場合はこうした副作用を考えると飲むのを控えたほうが無難です。
タミフルのほかにもリレンザと言うインフルエンザに特化した薬もあるのです。
リレンザは機械式の吸入型の薬であり、自分でカートリッジをセットして粉の薬を吸い込む必要があります。
しかし肺一杯に薬が行き渡りやすく、こちらの薬も非常に即効性が高いものなのです。

■インフル治療薬ならこのサイト
インフルエンザ 薬