東京予防接種の副作用とタミフルについて

インフルエンザになったときには、その症状がひどくならないようにお医者さんにタミフルのような抗インフルエンザ薬を処方してもらうことが一般的ですが、このタミフルは予防的に投与されることもあります。たとえば一緒に暮らしている家族などがインフルエンザにかかってしまった時には、同じ空間で生活をしているとインフルエンザにかかるリスクもそれだけ高くなるために、タミフルを予防的に処方してもらって、ひどいインフルエンザになるのを防ぐという方法もあります。
なにしろインフルエンザに感染してしまうと、とても高い熱が出てしまうほか、カラダの関節という関節が痛くなったり、ふつうの風邪と比較しても悪寒がひどいので、なるべくならインフルエンザにはかかりたくないものです。それに、気管支喘息など、呼吸器系の持病をもっているひとはとくに重症化してしまい苦しい思いをするので注意が必要です。
もちろんインフルエンザには東京予防接種があるので、このようなワクチンで防ぐという方法もあります。東京予防接種を受けるときにはもちろんウイルスに感染しないようにするという目的がありますが、それ以外にも副作用のリスクがあるということも忘れてはいけません。東京予防接種の副作用を甘くみていると、最悪の場合には死に至ることもあり、たとえばアレルギーのアナフィラキシーといった副作用を起こすと大変です。かかりつけ医がいるときには、しっかりとその医師と相談する必要があり、とくに今までに免疫系の病気をしたことがあるひとやアレルギーをもっているひと、またはけいれんを起こしたことがあったり、心臓や腎臓、血液に慢性病がありその治療を今も続けているときには東京予防接種が受けられるかどうかしっかり確認しておきましょう。