インフルにかかりにくい体質

主に冬に猛威をふるう病気であるインフルエンザ。
インフルエンザはウイルス性の病気であり、インフルエンザウイルスを持つ人がくしゃみや咳をした際にウイルスが飛散し、空気を通して人から人へと感染することで有名な病気となっています。

そのため、インフルエンザにかかってしまった際は、病気にかかった人を隔離することでほかの人への感染を防ぐことができると考えられています。

インフルエンザはウイルス性の病気ではありますが、人によってインフルエンザにかかりやすい人とそうでない人がいます。かかりやすい人とそうでない人の体質やライフスタイルにはどのような違いがあるのでしょうか。

インフルエンザにかかりやすい人というのは、年齢が若い若しくは高齢で体力が比較的備わっていない人、そして比較的体力があるとされている20代から40代の人の中でも生活習慣の乱れがある人となります。

小さな子どもや年配者は自己免疫力が低いので病気になりやすく、また病気になった際に回復までに時間がかかってしまうのです。
また睡眠不足や食生活の乱れ、過度の飲酒なども免疫力を低下させる原因となるので、生活習慣が乱れている人も病気になりやすいと考えられます。

一方で病気にかかりにくい人というのは、定期的に運動などを行っており基礎体力がある人、規則正しい生活をしている人などが挙げられます。

インフルエンザにかかってしまった際はできるだけ早い段階で薬の服用が早期回復のカギとなります。
インフルエンザの特効薬として有名なタミフルは菌の増殖を抑え、速やかに解熱してくれるので発病からできる限り早い服用が望ましいのです。

またタミフルはインフルエンザにかかっていなくても服用が可能です。
インフルエンザの予防薬としてタミフルを服用することで、インフルエンザにかかりにくい体を手に入れることができるでしょう。