特効薬として人気があるタミフルとメーカーの状況

インフルエンザの特効薬という理解を得るようになったのがタミフルです。インフルエンザの治療薬として知られるものはタミフル以外にも数多くありますが、特に日本でタミフルが有名となったのは数少ない経口薬だからでしょう。世界的に見れば経口薬に抵抗のある人も多いものの、日本においては薬といえば経口薬という印象が強いため、タミフルが特効薬という位置づけで広められるようになるには十分な要素となっているのです。世界的に見ても日本で特筆して消費されている状況があり、メーカーは供給に追われているのが事実です。インフルエンザの特効薬という理解が一般的になっているものの、実際には即効性ですぐにインフルエンザを治せるというものではなく、早期に服用を開始することができれば完治までの期間が平均して1日程度短くなるというものです。症状の軽減がなされるかどうかも個人差が大きく、人によっては熱が下がる場合もありますが、高熱のまま維持される期間が長い人もいるというのが実情です。しかし、服用したことによる効果が実感できるとする人も多いことから、多くの人が期待を込めて特効薬としてタミフルを服用する用になっています。こういった状況があることから日本ではタミフルの備蓄が進められ、メーカーや卸業者における在庫状況が国によって確認される状況すら続いてきた歴史があります。現在でこそ供給が安定してきているものの、シーズンになると大量の消費が予想されることから、メーカーでは生産の手が止められない状況が続いています。インフルエンザの流行は毎年起こることからメーカーとしては有用な収入源となっているのも事実であり、その確立された立ち位置があるというのはむしろ喜ばしいこととなっているでしょう。